スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
役に立ったらポチ=> にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

だれも教えてくれない出産する時に必須な下着

出産の為に入院する時は、「出産準備用品」という一式をそろえて、入院することになります。

パジャマ、お箸、スプーン等々のようするに出産後に備えた入院グッズです。

これは、出産する各病院によって、持ってくるものを指定されています。

ところがね、売られている本にも、病院から頂く冊子にも、

どこにも載っていない、とってもとっても大事な下着があります。

入院すると、まず術着などに着替えて、出産に備えます。

そして、陣痛の間隔が短くなると分娩台に乗り出産に至ります。

しかし、短くなったり、長くなったりしている間は、

分娩台に乗らずに、うろうろ、ごろごろしています。

そんな微妙な時間が数十時間も続くと、下着を変えたくなるのが普通です。

でも、「出産準備用品」に載っていない、マタニティショーツは、替えがないのです(←_→)

だって、陣痛の間隔が短くなって病院に入院して、

それから子供が生まれるまで、数日掛かるなんて事、誰も予測していません。

病院の中の売店でも、順調な状態でしか使わないマタニティショーツは、売っていません。

普通のショーツなら、スーパーやコンビニだって売ってますが、

お腹の大きい人用のマタニティショーツは、マタニティショップにしか売ってません。

難産の方は、次第に汚れていくマタニティショーツをはいたまま過ごします。

そう、においがねぇ・・・

ご教授頂いたその方は、50数時間に及ぶ出産となり、

ついに病院の先生にまで、「不潔なニオイがする」と笑われていたそうですヾ(´▽`;)ゝ

役に立ったらポチ=> にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

スレッドテーマ:ニュース:ニュース

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

| 高齢出産:妊娠から高齢出産(40代)ブログ |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。