7月7日 両親学級で始めて知りました。

両親学級は、妊娠後期の妊婦さんとそのご主人を集めて、
看護士さんと円座を組んで、軽くお勉強会をします。
注意点、食事、運動、軽くヨガ等を教えて頂きました。

「立会出産をするお父さんは、両親学級に必ず参加して下さい。」
と 妻は言われていたみたいで、両親学級の看護士さんの話で始めて知りました。

妻は、私を出産に立ち会わせるつもりだった事を...

<嫁>「立会の人は必須、立会わない人もなるべく一緒に来てください」とのことだったので、  
  とりあえず一緒に出席しようと・・・あわよくば、立会出産してもらえるかも・・・(ΦωΦ)ふふふ・・・・

 

それと、出産に立ち会うご主人は、気分が悪くなったら、
無理をしないで、自由に行動して欲しいと言われました。
ご主人の面倒を見る暇は無いそうです。
ごもっともで

初回の両親学級で学んだ事は、
その1.お腹の中の赤ちゃんの事情
お腹の中の赤ちゃんは、20分間隔で寝たり起きたりすると言うことです。
だから、静かだなぁと思えば寝ている可能性が高いのです。

その2.お腹の中の子供の様子を見る方法
お腹の中の赤ちゃんが、1回動いてから10回子供が動くまで、
どれだけ掛かるかを毎日一回測定し、子供の元気具合を伺う方法です。
時間が掛かるようになれば、何か異常がおきていると、推察に使用します。

その3.測定は、32週目からスタート
記帳のノートも頂きました。32週目からスタートと言うことなので、
7月10日から記帳を開始します。
これは、インターネットで公開しますので、お楽しみに。

役に立ったらポチ=> にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

| 高齢出産:妊娠から高齢出産(40代)ブログ |