スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
役に立ったらポチ=> にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

緊急 ワクチン2種を一時見合わせ=同時接種後に4児死亡―厚労省

時事通信 3月5日(土)0時21分配信

 小児用肺炎球菌ワクチンと細菌性髄膜炎を予防するヒブワクチンの同時接種を受けた子供の死亡例が相次いで報告されたとして、厚生労働省は4日、両ワクチンの接種を一時見合わせるよう自治体などに伝えた。
 同省によると、死亡したのは兵庫県の宝塚市と西宮市、京都市、川崎市の4人で3カ月~2歳。いずれも両ワクチンや、これにDPT(ジフテリアなど3種混合)を加えた3種類の同時接種を受けた翌日や3日後に死亡した。
 報告した医師は接種と死亡の因果関係を「不明」などとしたが、同省は念のため当面接種を見合わせる必要があると判断。週明けにも専門家を集めた検討会を緊急開催し、検証することを決めた。


上記、混合ワクチンについては、接種を見合わせた方がよさそうです。
ただ、ワクチン接種のメリットとデメリットを天秤にかけるしかないようです。
我が家は、早期に一つずつ発売された時期に受けたので、
混合ワクチンでなかったのが幸いだったのでしょうか?
小児用肺炎球菌ワクチンと細菌性髄膜炎を予防するヒブワクチンを受けられる場合は、
僅かでもリスクを下げる為、一つずつ接種される事をオススメします。
役に立ったらポチ=> にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 高齢出産:妊娠から高齢出産(40代)ブログ |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。