スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
役に立ったらポチ=> にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

出産する病院を選ぶ時の注意点は?

妻は、以前お世話になった大阪赤十字病院で出産をしました。

さて、出産をする病院をどうして選ぶかについては、色々な方のご意見があると思うのですが、

出産を終え、いろいろな事件をテレビで見て、

結局何に注意して病院を選ぶかがはっきりしてきた様に思います。

その点を下記にまとめてみました。

大阪の医療事情について(地域により大きく事情が変わる点はご理解ください。)
・早産児の可能性=>母胎搬送(OGCS)
・出生後の異常=>新生児搬送(NMCS)
・搬送拠点病院(母子センター、医療センター)
 産科から連絡があり、ドクターーカーで取りに行き三角搬送。
・搬送先の病院(NICUを持っている)が10カ所あり、日本赤十字病院はその一つ

これでおわかりの通り、赤ちゃんに問題がある時は、NICUがある病院に救急車で搬送です。

もしNICUの有る病院のNICUが一杯なら、たらい回しです。

他に何も言うことがありません。

NICUの有る病院で出産する事をお勧めします。

車で1時間ぐらいでいけるなら絶対お勧めです。

役に立ったらポチ=> にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

スレッドテーマ:高齢出産:育児

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

| 高齢出産:妊娠から高齢出産(40代)ブログ |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。