スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
役に立ったらポチ=> にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

我が家のマタニティブルー

出産後育児に追われる間に、少しずつ、ブルーが入ってくるのが解ります。

毎日続く果てしない授乳、更に、空いた時間で、睡眠、家事、食事、シャワーを取ります。

生後1ヶ月は外に出せない赤ちゃん

つまり、「買い物」と言う素晴らしい気晴らしを封印されてしまう産後。

 

3時間間隔の授乳、母乳であれば、20分以上は授乳に時間が掛かります。

いきなり十分な母乳が出るわけでなし、母乳の消化がミルクと比べてとても消火が良く、

更に授乳の間隔が短くなり、妻の時間を奪っていきます。

 

赤ちゃんは、母乳で育てたいと強い希望がある妻に、

十分でない母乳の為、「十分な睡眠を取らなければ」とか

「沢山ご飯をたべないと」とか、強迫観念が妻を襲います。

 

黄疸、便秘、カブレ、体重、頭の形、鼻の調子等々、

次々おそってくる新しい体験に、神経をすり減らす妻。

いつもならインターネットで、調べまくる妻も、

時間が出来れば睡眠をとらないといけないと、

十分事情を調査できないままで、新しい出来事に遭遇する妻。

 

いかがでしょう、普通の状態で、マタニティブルーは必ず少しやってきます。

 

こうなると、担い手の一人のパパちゃんがお手伝いして、

家事なり、買い物なり、赤ちゃんをあやしてあげたり、うううんと

精神的な支えになってあげないと、一生恨まれる事は請け合いです。

役に立ったらポチ=> にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

| 高齢出産:妊娠から高齢出産(40代)ブログ |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。