スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
役に立ったらポチ=> にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

母子同室:8/29 出産翌日に効いた、出産当日の他の方の出産状況

今日も仕事の帰りの夜7時頃に、病院に着きました。
私も病院で食事をしないと、帰ってからでは面倒なので、
上本町の北側にある「99shop」で弁当を仕入れて、
病院で一緒に食事です。

今日妻は、出産後の勉強の為、ビデオを見させられました。

ビデオの内容は、
 お乳のマッサージ
 おへその消毒
 育児紹介ビデオ

らしいのですが、助産士さんがどこかに行かれたので、
ビデオそっちのけで、一緒にビデオを見られている、
他の方々と井戸端会議をされました。

☆お話しその1
8/27に、診察室の前で、陣痛をこらえられておられた、
あの経産婦さんの話しです。

陣痛が始まって、分娩台に乗られ、イキんだ瞬間、
失神されたようです。

その後は、大変で、失神するとイキむ事ができないため、
自然分娩はできません。

即座に帝王切開に切替るべく、手術室に運ばれました。
体は全身麻酔をかけられ帝王切開です。

全身麻酔をかけると、子供にも全身麻酔が効いてしまい、
産まれてきた子供は、そのままNICUに直行です。

奥さんは、夜に目が覚めて、
「ここはどこ、どうなったの?」と思ったそうです。
NICUから出てくるのは、8/30の予定だそうです。

だから、この経産婦さんは、大部屋行きとなったのです。

この奥さん、朝診察室で合った、あの妊婦さんはどうなったんだろうと
(その妊婦は私の妻です)気にされて居られた様です。
どうなりましたかと、個室を一つ一つ訪ねる訳にもいかなしい... 

ちなみに、我妻は、その後の出産だったので、その妊婦さんの代わりに
個室に入れたのです。

☆お話しその2
破水から始まった28歳ぐらいの妊婦さんのお話し。

8/24(金)に破水をして、入院の準備をして病院に来たら、
破水の量が少なくて、陣痛も小さくて、
自宅に帰らされる事になりました。

帰宅すべく、会計の精算待ちをしていたら、
もう一回破水が起きてしまいました。
折り返し、診察して頂いたところ、
もう十分と言うことで、入院となりました。

しかし、破水が起きた事以外はまるで正常で、
陣痛が起きない中、絶対安静と言うことで、
この方も、大部屋行きとなりました。

そして、月曜まで頑張りましょうと言われた様です。

大阪赤十字病院では、
土曜日・日曜日と夜間は、スタッフが少ないので、
極力出産を避けられるようです。

いよいよ、月曜日の8/27になりました。

もう三日も経つので、陣痛促進剤を注射し、
出産する事となります。

いよいよ陣痛が始まりました。
お昼頃に分娩室に入って、4時ぐらいに産まれました。
そう、私共の隣の分娩室で出産しておられたのです。

月曜日は出産の人が多く、
個室は入れるかどうか解らないと言われ、
「そのまま大部屋に入るかもしれない」と 言われたようです。

結局、その方は、個室に入れる事となりました。

自分の方が隣の人より早く出産した事が解っていたので、
ひょっとして、あの人の個室をとってしまったのではと、
気にされていたとのことです。

大丈夫です。その隣の妻は、個室に入りました。

この方は、8月中にお役所で手続きをし、
8月分から児童手当を頂くべく、出生届等の書類を、
病院から頂き、子供の名前も決めておられ、
万全のようでした。 さすが母はつよし!!

赤ちゃんの名前は「咲希」ちゃんでした。

この方の夫は、出産の瞬間を見たがっていたので、
出産の瞬間に、そのシーンを見に行こうと枕元で夫が待機されていたのですが、
助産士さんの真っ赤な手を見て、「いややっぱり止めておこう」と、辞退された
様です。

その夫を私は隣の廊下でみました。
大きな声で、本当に嬉しそうに、話しをされておられました。

まさか、そんな事があったとは、全然想像もできませんでした。
ふふふ

☆お話しその3
その他の自然分娩の方は...

8/20の週に出産された方の場合、出口の切開はされた様ですが、

妻の時のように、お腹の上から助産士さんが押したり、
吸引とかはなかったようです。

でも、やはり、鋏を持って、「私が切ります」と
冷静な声を出されていた先生がおられたようです。

この先生、妻を担当した先生と同じでしょう。きっと!!

☆お話しその4
ビデオそっとのけで、みなさんと井戸端会議でしたが、
授乳のシーンは、流石にみなさん、ビデオに釘付けです。

ビデオの女性は爆乳で、前屈みにならなくても、
上からポトンとオッパイを落とすだけで、赤ちゃんに乳を飲ませられます。

「いいねぇ、この人、元はどれぐらいのサイズだったんでしょう」と
叫んだ後、また、井戸端会議に戻っていったとの事です。

☆お話しその5
今日の助産士さんは、お腹の収縮具合をチェックしてくれたのですが、
出産時、分娩台の上にのって、イキんだ時、
一生懸命お腹を押して頂いていた助産士さんでした。

「私が押したお腹は大丈夫ですか」 っと 聞かれ
「押して貰って有難うございます。」と答えたら
ははははと笑っておられました。

収縮具合は良い感じだそうです。

 

役に立ったらポチ=> にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
コメント navinci:五人五様ですね
ご連絡頂きましてありがとうございます。
予定日を過ぎてしまったので、やきもきさせてしまいますね。
こちらは相変わらずです。
ゆいちゃん、妻さんは順調に過ごされてますか?
ブログ、拝見させて頂きました!5人5様でまたまた意外でした。
さすがに、失神→帝王切開→赤ちゃんNICUは驚きました。
私も出産後は井戸端座談会になるのかな?

お仕事と始まったばかりの三人の生活で大変かと思いますが、また続きを楽しみにしております。なかなかハードな時間帯の更新で大変かと思いますので、どうかあまり無理のない範囲でよろしくお願いしますね。

スレッドテーマ:初めての妊娠・出産・育児:育児

コメント

●五人五様ですね
ご連絡頂きましてありがとうございます。
予定日を過ぎてしまったので、やきもきさせてしまいますね。
こちらは相変わらずです。
ゆいちゃん、妻さんは順調に過ごされてますか?
ブログ、拝見させて頂きました!5人5様でまたまた意外でした。
さすがに、失神→帝王切開→赤ちゃんNICUは驚きました。
私も出産後は井戸端座談会になるのかな?

お仕事と始まったばかりの三人の生活で大変かと思いますが、また続きを楽しみにしております。なかなかハードな時間帯の更新で大変かと思いますので、どうかあまり無理のない範囲でよろしくお願いしますね。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

from 子供の遊び・文学いろいろ
赤ちゃん赤ちゃん(あかちゃん)は、産まれたばかりの子供の事である。「赤子」「赤ん坊」とも言う。なお、ヒト|人間以外の動物にも「赤ちゃん」が用いられることがしばしばある。種にもよるが、生存のために援助を必要とする弱い存在である。多くの種で赤ちゃんは愛らしい [Read More]

| 高齢出産:妊娠から高齢出産(40代)ブログ |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。