スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
役に立ったらポチ=> にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

高齢出産インデックス

このブログは新しい記事から順に表示されてます。
だからパッと見て、事情がよくわかりません。

そこで、娘が2歳4ヶ月となった今、
再度読み直して、
特に重要なポイントを抽出して文章にしてみました。

これで少しは読みやすくなるかと思います。

この文章が、これから出産をされる方の役に立つことを、
幸せな出産に繋がる事を心から願っています。



1.妊娠と解ったときに最初に何をすべきか?

 出産する病院を選んで、出産の予約をしましょう。

 妊娠が解った時に診ていただいた病院にとらわれず、
 NICUがある病院を選択して、再度妊娠の検査をして貰ってください。

 出産を予約しないと、出産だけ別の病院と言う
 笑うに笑えない事がおきます。
 目安は出産の半年前迄に予約が必要です。
 病院で直ぐに確認して予約を入れてください。

 出産は事故との隣り合わせです。
 産婦人科と小児科と、そして、NICUが揃って初めて
 安心して出産が可能です。

 絶対下記の関連記事を熟読してください。

 関連記事:出産する病院を選ぶ時の注意点は?
        赤十字病院の入院時の先生の説明が解りやすかった


 実際にこんな方がおられました。
 待合室の横に座られた奥様は、二人目の出産で、
 「お先に」と言って、余裕で分娩台に向かわれました。

 ところが、いきんだ瞬間に失神。
 失神するといきめないので、すぐに帝王切開=>子供はNICU。

 NICUがある病院だったので、
 奥さんは帝王切開で麻酔で寝たまま、子供はNICUに入りました。

 もしNICUがなければ、帝王切開=>子供はNICUの有る病院に救急車で運ばれます。

 もしNICUがふさがっていたら、子供の命は救急車の中で消えてしまいます。

 もし母胎が危険な状態になると、母胎も救急車で別の病院へ搬送。
 もし病院がふさがっていたら、母胎も、子供の命も消えてしまいます。

 関連記事:母子同室:8/29 出産翌日に効いた、出産当日の他の方の出産状況


 破水しても直ぐに出産ということはありません。
 家から病院まで車かタクシーで行かれるなら、
 一時間程度でいける病院なら、絶対にNICUのある病院を選択してください。
 安心に出産できる病院を選択する事をまず優先してください。


2.出産に備えて準備しておいた方が良い意外な物

 出産時、妊婦向けのショーツを準備してください。
 陣痛が始まってから出産まで丸1日以上かかる事もあります。
 途中着替えようにも妊婦向けショーツは病院には売っていません。
 念のため準備しましょう。

 関連記事:だれも教えてくれない出産する時に必須な下着


3.出産後の注意点

 出産までは妊婦でしたが、
 出産後直ぐに母親にならないといけません。
 感傷にひたる時間は一切ありません。
 看護師さんが指導していただけるので問題はないですが、
 ご注意ください。

 病院で使われているミルクは、
 業者が無償で病院に提供している物が殆どです。
 退院してミルクが無くなっても、
 同じミルクを買わなくても結構です。

 関連記事:退院をする時に頂いた無料のミルクの恐怖


 意外と高い物を使われているケースがあります。
 「ほほえみ」で十分です。


 そうそう、お尻りふきは、下記の物の使用感が最高でした。

 関連記事:おしりふきの使用感



4.退院する時、車で迎えに行かれる方向けの注意

 無事出産も終わっていざ退院となられた方、おめでとうございます。。
 自分の車で迎えに行かれると思いますが、
 必ずチャイルドシートを事前に購入して、
 車に付けて行ってください。
 退院が許可されません。ご注意ください。

 関連記事:タカタのチャイルドシートの使用感
        決定!! チャイルドシート

  
 娘は2歳4ヶ月ですが、今も安心して使い続けてます。



5.退院後の育児の注意点

 頭の形が偏らない様、寝ている子供の頭の向きを変えましょう。
 下記の関連記事のグッズだと変な形になりにくいです。
 ある方が、「6ヶ月ぐらいまでには自然に丸くなりますよ」と先生に言われたのですが、
 6ヶ月ぐらいになって「頭の形が変なのですが、大丈夫ですか?」と同じ先生に
 聞いたら、「もう6ヶ月なので、形は治りません」と言われたそうです。
 病気でないので、先生も無責任です。その程度とお考えください。

 関連記事:赤ちゃんの向癖対策


 最近の風潮として、完全母乳を考えられている方が多いと思いますが、
 風邪をひいたりして薬を飲むと母乳を与えられません。
 ミルクも併用しても良いと言う柔軟な考え方で挑みましょう。

 ほ乳瓶は慎重に選びましょう。
 飲むのが楽なほ乳瓶を使ってしまうと、母乳に戻らないかもしれません。
 ご注意ください。

 関連記事:ピジョン 母乳相談室の使用感
        ほ乳瓶セットのお掃除道具
        湯沸かしポットが必需品


 産まれて3ヶ月ぐらいまで赤ちゃんを紫外線にさらさないように注意しましょう。
 外出厳禁です。


 A型のベビーカーを選ぶとき、諸説ふんぬんで答えはないです。
 マンション住まいの方は、外国産の物を選ぶと、
 入り口辺りにたたんでおけません。ご注意ください。

 関連記事:ベビーカーやバギーを選択する時の注意点
        ベビーカーやバギーを選択する時の注意点(追加分)



6.その他

 父親の出産の立ち会いは、是非実行してください。
 いろいろな出来事を共有することはとても大事です。
 出産は他人事で無い事は立ち会えばよくわかることです。

 ただ出産の時、父親が血を見て倒れたりして、
 妊婦以上に手のかかる方もおられるそうです。
 できるだけ立ち会う努力をすると言う力加減で立ち会いましょう。
 産まれる子供への愛も人一倍です。


 初産の母は、起きること全て初めてのことで、
 事情の解らない中、厳しい選択を次から次へする事となります。
 父親の方は、そんな事情で妻が育児をしている事を
 十分理解して、一緒に考えてあげてください。
 話し合いをして、選択する事の精神的な重圧を分かち合ってあげてください。

 関連記事:我が家のマタニティブルー

スポンサーサイト
役に立ったらポチ=> にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

スレッドテーマ:高齢出産:育児

| 高齢出産:妊娠から高齢出産(40代)ブログ |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。