スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
役に立ったらポチ=> にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

2007年2月26日 産婦人科も色々事情があるのね

この頃になると、
赤ちゃんもすっかり体が大きくなって、
トテモいい感じです。

妊娠初期検査の結果は、良好との事で、
母体には、感染症もない事を確認にしました。
嫁は、元々腎臓が弱いので、
腎臓の先生にも見て貰おうと言う事になり、
そのまま腎臓内科にいって、
尿検査と血液検査をして頂きました。
この辺りが、産婦人科しかない病院と総合病院の違いですね。
何かある時の救急車や、
病院のタライ回しも無く安心して子供の出産ができます。

血液型検査証に、血液型が記載されていました。
O型RH+でした。

松本先生大阪赤十字病院で出産すれば、
安心なので、
分娩申込書を提出してきました。

9月の予約はOKとの事です。一安心。

さて、今回の赤ちゃんの写真は、
赤ちゃんがくるくる廻るもんで、
とっても取りにくく、
顔が正面になるよう一生賢明撮って頂きました。

赤ちゃん 7.6cm
20070226赤ちゃんの写真120070226赤ちゃんの写真2
でかい!!写真の赤ちゃんがこちらを見ているような感じがします。

スポンサーサイト
役に立ったらポチ=> にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

スレッドテーマ:初めての妊娠・出産・育児:育児

2007年2月5日 赤ちゃんの写真も一苦労に!!

この頃になると、子供がごろごろ動くので、
正面に写るようにするのは、
なかなか難しいようで、
松本先生の努力いただいた結果が掲載の写真です。

本日は、事前に東大阪市役所で頂いた母子健康手帳を、
提示しました。
母子健康手帳に付いてる受診票を取られておりました。

東大阪市は、
妊娠初期検査に対して補助を出している為、
受診票が必要であるとの事でした。

妊娠中毒・乳がん検診など、
母体の検査は必要です。
もし今妊娠されている方がおられましたら、
費用がかかるかもしれませんが、
妊娠の初期検査を受けられることをお勧めします。

検査項目は下記の通りで、補助により無料となっていました。
(これは東大阪市の例で、行政によりまちまちです。)
・血液検査
・尿検査
・血液型検査
・感染症検査
・梅毒
・B,C型肝炎
・エイズ
・ 成人病T細胞白血球ウィルス検査
・不規則抗体

看護婦さんに、どこで産む聞かれました。
一般病院で有れば、
月30人ぐらいが受付可能な妊産婦の人数だそうです。

通常の産婦人科であれば、
5ヶ月前には予約で一杯になり、

人気のある病院であれば、
6ヶ月前から7ヶ月前に予約が一杯になるようです。
ぼーーーっとしていると、
どこにも出産できる病院が無いということになります。
ご注意!!

大阪赤十字病院では、
月60人ぐらい扱っているけれど、
出産予定日の5ヶ月前には予約しないと、
取れないよといわれました。

つまり、2007年4月頃までには予約しないと、
産む病院がなくなる事が判明したわけです。

☆赤ちゃん 3.5cm
20070205赤ちゃんの写真120070205赤ちゃんの写真2
大分形が人間らしくなってきました。

役に立ったらポチ=> にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

スレッドテーマ:初めての妊娠・出産・育児:育児

| 高齢出産:妊娠から高齢出産(40代)ブログ |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。